R×R PROJECT -名渡山遼✕RIO- THE FIRST SESSION

「世界トップクラスの若きテクニカルプレイヤー2名による共演」 R×R PROJECT -名渡山遼✕RIO- THE FIRST SESSION

 

世界を舞台に活躍する若きウクレレプレイヤー2名による新たなデュオセッションプロジェクト「

R×R PROJECT」(アールバイアールプロジェクト)。

その記念すべきFIRST SESSIONをBlues Alley Japanにて開催。

多彩なポップセンスと超絶技巧でロックからバラードまで弾きこなすテクニカルプレイヤー日本代表"名渡山遼"。

現在21歳で10代の頃から主に国内外のジャズ・シーンで高い評価を受け、昨年FIRST ALBUMをリリースし、著名アーティストとの共演を重ね注目度急上昇中のRIO。

共に卓越したテクニックで日本の新たなウクレレシーンを開拓してきた2人。

この日はそれぞれのオリジナルナンバーやスタンダードを披露。

2人の化学反応によるウクレレの新しい表現の可能性を感じていただきたい。

 

【概要】

◆公演名:R×R PROJECT -THE FIRST SESSION- (アールバイアールプロジェクト ザ・ファーストセッション)

◆出演:名渡山遼/RIO

◆会場:Blues Alley Japan

◆日時:2023年4月15日(土)開場17:00 開演18:00×2st ※入れ替え無し

 

◆チャージ:¥5,500+税

 

<チケット購入 ※発売日:2月2日(木)14:00~>

 

◆Blues Alley Japan

https://www.bluesalley.co.jp/schedule/syousai.html?c_code=Schedule-20230116203718&status=ok&disp_date=202304&type=s#b

 

◆イープラス販売PAGE

https://eplus.jp/sf/detail/3799220001-P0030001

 

◆チケットペイ販売PAGE

https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=42581

 

 

名渡山 遼(なとやま りょう、Ryo Natoyama)

 

ウクレレ奏者・製作者/作・編曲家

 

ソロ・ウクレレ奏者として世界的に活躍する、トップ・ウクレレ・プレイヤー。

エキサイティングな高速フレーズから繊細で美しい音色まで自在に弾きこなし、ウクレレファンのみにとどまらず音楽家や業界関係者などからも高い評価を受けている。

1993年生まれ。11歳からウクレレを弾き始め、14歳の頃「天才ウクレレ少年」としてテレビで紹介され注目を集める。2010年にはジェイク・シマブクロのジャパンツアーに出演。2016年には2作のアルバムが“ハワイのグラミー賞”とも称される「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」にノミネートされ、日本人としては史上最年少となる受賞を果たした。

同じく2016年にキングレコードよりメジャー・デビュー。

デビュー・アルバム「Made in Japan, To the World」から2021年にリリースされたオリジナルアルバム「Sense」までの5年間で7作品をリリースするという、ウクレレ・プレイヤーとしては珍しい、ハイペースなリリースを記録中。

デビュー後はフジロックフェスティバルへの出演や、TOKYO FM「JET STREAM」テーマ曲の編曲・演奏、すぎやまこういち氏公認の「ドラゴンクエスト」カバーアルバムのリリースなど、多彩な活動を繰り広げている。

海外からも高い評価を受け、これまでにアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、香港、タイ、台湾、中国、カナダでの公演を果たし、そのプレイが絶賛された。

 

2021年にはイギリスのウクレレ専門誌「UKE MAGAZINE」にて日本人プレイヤー初となる表紙を飾り、2022年にはクラシックギター専門誌「現代ギター」にてウクレレプレイヤーとして初めて表紙に登場するなど、多方面から注目を集めている。

 

愛用のウクレレは全て自身の手作り。ストラップやケースまで自作するウクレレ・ビルダーでもある。