世界を舞台に活動する現在20歳のウクレレ奏者。

これまでにハワイの由緒ある「デュークス・ウクレレ・コンテスト」や、「インターナショナル・ウクレレ・コンテスト」で1位を獲得。また、ニューヨークのアポロ・シアターで開催されたアマチュア・ナイトでも1位を獲得している。

そして、自らのスタイルの追求によって、「ダイナースクラブ・ソーシャル・ジャズ・セッション2013-2014 」にて最優秀賞を受賞。13歳での最年少受賞に、リーリトナー氏、ブルーノート東京より賞賛される。

バイリンガルな一面を生かし、「TEDxTokyo2014」をはじめ、「TEDx」の数多くのイベントに招待され、今ではお馴染みの存在である。

現在、ハワイのカマカウクレレのエンドースドアーティストであり、NAMM Showにも参加している。

他ハワイでは、数々のアルバムをリリース。コンピレーションアルバム、「Island Style Ukulele Vol.2」、カマカウクレレ100周年記念アルバム「Kamaka Ukulele Presents Keep Strumming!」は、”ハワイのグラミー賞”と称される、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード 」を受賞。

日本発の「I~around~」に至っては、”International Album Of The Year”としてノミネートされた。

2020年、2021年と、コロナ禍で再開されたブルーノート東京にて、世界的ジャズピアニスト小曽根真氏と共演。”Rising Star”として紹介される。

ハタチを境に更に飛躍を目指し、2021年今冬、自身初となる、ファーストアルバムを発表する。

4弦から生み出されるRIO独特の無限の表現力で、ジャンルを超え、国境をも飛び越えていく。そんな新次元のウクレレプレイヤーである。


RIO is a 20 year old ukulele player who is active all around the world.

He has won first place at the historic "Dukes Ukulele Contest" and the "International Ukulele Contest" in Hawaii. 

He has also won first place at the Amateur Night held at the Apollo Theater in New York City.

In pursuit of his own style, he has challenged the Diners Club Social Jazz Session 2013-2014 by Lee Ritenour and Blue Note Tokyo and won the grand prize at the age of 13. 

As a bilingual speaker, he has been invited to many TEDx events, including TEDxTokyo 2014, and is now a familiar face at many TEDx events.

He is currently an endorsed artist for Kamaka Ukulele in Hawaii and has participated in the NAMM Show.

He has also released a number of albums in Hawaii. His compilation album "Island Style Ukulele Vol.2" and the Kamaka Ukulele 100th Anniversary album "Kamaka Ukulele Presents Keep Strumming!" won the "Na Hoku Hanohano Award", which is called "Hawaii's Grammy Award".

Kamaka Ukulele Presents Keep Strumming!" won the "Na Hoku Hanohano Award", which is known as "Hawaii's Grammy Award", and "I~around~" from Japan was nominated as "International Album Of The Year".

In 2020 and 2021, he performed with world-renowned jazz pianist Makoto Ozone introduced as a "Rising Star" at the reopened “Blue Note Tokyo” during the COVID-19 crisis.

In the winter of 2021, he will release his first album, which will be the first of its kind for him.

RIO is a ukulele player of a new dimension, transcending genres and borders with his unique and limitless expressive power created by the four strings.